BLOG

プロジェクト進行中④(※PR動画、擬人化キャラ完成)

By 2019年5月5日 コメントなし

令話初の更新ですパー

さっそくですが、塾生とクラウドファンディングを通して挑戦する「深井城再現プロジェクト」の進捗状況をお伝えしますニコニコ

これまでの流れはこちらよりご確認ください↓

春期スタート&プロジェクト進行中!

プロジェクト進行中②(※内容公開)

プロジェクト進行中③(※プロジェクト名、トップ画完成)

今回は④回目になるので、さっそく完成したものをパー

まずは深井城の擬人化したキャラクターですが、あーでもない、こーでもないと言いつつも無事完成しましたビックリマーク

こんな感じかなあ?と、ラフ画から始まり↓

線画に移ったもののポーズが決まるまで、時間がかかた↓ショック!
ポーズが決まってからは、表情や髪の色など↓
こちらもあーでもないこーでもないと言いつつ、ようやくキャラが出来上がりましたチョキ
背景には利根運河のシンボル「オレンジの時計台」「理科大のキャンパス」「アーバンパークライン」の3つを中心にニコニコ
そして、キャラクターと背景を合わせて、、、

ついに、完成😂

これで色々なモノが作れるぞ💪

次は本プロジェクトの【PR動画】ですひらめき電球

現地に足を運んであーでもないこーでもない、と言いながら作ってみました↓笑

どうかな〜?笑

実際に動画を作ってみて気づいたこと、、、動画メッチャ面白い!!

ある男子生徒に見せたところ、「先生、もうユーチュバーになっちゃえば良いじゃないですか?フツーにイケると思う。」なんて嬉しいコメントをしてくれたので、、、そろそろユーチューバーになろうかな?🤔

まあ冗談は抜きにしても、シーンや構成を考えて撮ると学びも多いので、みんなも挑戦してみてねグッド!

少し真面目な話をすると、今年の後半あたりからスマホなどの移動通信システムが5G(5th generation:第5世代)になっていきます。

今の4Gから5Gに変わると、通信速度が早くなり遅延することもほとんどなくなります。

そうすると企業や個人から動画の需要がさらに高まります。

そこで現在小学校高学年〜中学生くらいの生徒にアドバイスすると、今のうちに動画の編集技術を学んでおくと、高校生になったころにはとても良いアルバイトになる可能性が高いですよニコニコ(それだけ動画を撮る人が増え、編集の需要が増える)

さて、話を戻して。

現在はプロジェクトページを作り込んでいます。

冒頭部分の「プロジェクトのきっかけ」を実写版マンガで再現したり↓笑

はじめの頃は彼らも動画や写真を撮る際に「メッチャ恥ずかしいですあせる」なんて口にしてましたが、もうスッカリ役者気取りで時にはドヤ顔さえします。笑

この2ヶ月という短期間でも凄く成長したなあ、と感心してますニコニコ

ボク自身もこれからプロジェクトのポスターを貼らせていただくために、運河〜初石あたりの店舗に新人研修並みの飛び込み営業をするワケですが、まさか30歳を過ぎてからドブ板するとは思ってもいませんでしたあせる

恥ずかしい気持ちや緊張もありますけど、大人になると勝手にこびりつく「世間体」や「自意識」を削り取るためにやります💪(多くの大人はこの殻を破れずに「ここでいいや」と人生の”アガリ”を決めて、成長を止める)

時代は令和へと突入しました。

令和は「創造力×行動力」の積が大きい人が活躍する時代です。(詳しくは後日パー)

そもそも人は思春期を境に「世間体」や「自意識」が増幅し、恥ずかしさという殻に身を包まれたり、勝手に「こうあるべき姿」を決めつけたり、周りの同調圧力に屈してしまうようになります。

是非とも塾生にはそんなものには屈せずに、ある種の「成長痛」だと思って跳ね除けてほしいですビックリマーク

その結果、「圧倒的な行動力」が身につきますニコニコ

はじめて種明かしをしますが、当塾ではこれまでに様々なイベントを実施してきました。

なぜ、そのようなことをやっているのかと言うと「大人(金澤)がこんなことしてるのだから、子どもである自分も色々なことをやっても大丈夫でしょ!」という気持ちを塾生にもってほしいため。(周りの同調圧力に屈しない人になってほしい)

そのために時にはアホになったりするのですパー

ですので、親や学校の先生から「何でそんなことするの!?」と聞かれたときに、「だって塾の先生もやってたよ!」と言い訳に利用し”親ブレーキ”を跳ね除けてくれれば、僕としてはしてやったり。笑

ただし当然ですが法を犯したり、他人に迷惑をかけてはダメですよグー

あくまでも自分がもつ自由の範囲内においての話ですパー

それらを踏まえて、塾生には世の大人が想像もつかないことに沢山チャレンジしてください。

表現は雑ですがわかりやすい言葉でいうと、ぶっ飛んだことをしてください。

それを繰り返していくと周りの人になんらかの価値を与えられるような「圧倒的な創造力」が身につきます。

そして、先述した「圧倒的な行動力」と掛け合わせれば、令和時代において無敵人間になれるのですビックリマーク

ぜひ、意識してみてくださいねニコニコ

以上、「深井城再現プロジェクト」を必死に正当化するための記事でした。笑

また続報します〜パー

 

コメントを残す

Copyright©One Two Lesson All Rights Reserved.