その1

(内 容)

春休みでも規則正しい生活を送ってほしい。とは言っても、中々布団から出られずに昼までゴロゴロ過ごしがち。早起きをするきっかけとして、朝8時から20分~30分間、数学(算数)の計算問題と漢字の読み書き問題に取り組みます。

また、1日参加するごとにスタンプがもらえ、最終日にはたまったスタンプの個数によって景品を用意します(皆勤賞もあり)。早起きして、時間を有効的に使いましょう!

(実施日)  8日間

『春期講習日程表』をご確認ください。○がついてる日が実施日になります。

(参加費) 無 料

(対 象) 全生徒

その2

(内 容)

「よしっ、春からは受験生だ!がんばろうっ!!」「あ〜ついに受験生になっちゃうよ。」「入試に失敗したらどうしよう。」と、新受験生の想いは様々でしょう。そんな新中学3年生に向けて、「受験生の1年の流れ」、「公立・市立の違い」、「千葉県公立入試の制度」、「私学における推薦(単願・併願)」など、基本的な知識から「志望校選びはまず○○を忘れなさい!」、「第1志望合格をつかめる生徒とつかめない生徒は何が違う?」など、この時期だからこそ話せるネタをはじめ、学校やインターネットからは得られないような本音トークを交えて問題形式で高校受験について学びます。

他では決して入手できない高校受験の極意を伝授しますので、ぜひご参加ください!

(日 時) 3月30日(土) 16:00 ~17:00

(参加費) 無 料

※参加者は中1・2年次の内申(学年評定)を確認しておきましょう。

(対 象) 新中学3年生

その3

(内 容)

1学期に学習する数学の単元は各学年とも、いわゆる「計算系」が中心です。いかにそこをスピーディーに突破するかが、新学年を占う意味で大きなポイントとなります。

本特訓では、昼・夕食休憩、小休止(10分間)を除き、計算系の先取り問題に取り組みます(詳細は下記参照)。これにより、1学期の中間・期末テストでその成果が見込め、さらに2学期の学習にもつながります。また、1日10時間勉強と向き合うことで、「能動的に学ぶことの大切さ」や「限界はまだまだ先にあること」を生徒に自覚させる狙いもあります。

(学習単元)

【新中学3年生】→学習内容が盛りだくさんの中3数学ですが、スタートダッシュを上手く決めれば、ライバルに大きく差をつけることができます。本特訓では、『式の展開と因数分解』(式の展開までは全員学習。余裕がある生徒は因数分解にも挑戦!)を扱います。目指せ、1000問突破!

【新中学2年生】→中2数学の1学期といえば、何と言っても『連立方程式』。本特訓では『式の計算』〜『連立方程式(加減法・代入法)』までを学び、新学年のスタートダッシュを決めましょう!

(日 時) 3月31日(日) 9:00〜21:30

(参加費) 10,000円

※昼食は各自用意。夕食はお弁当・飲み物が出ます。

(対 象) 新中学2年生・新中学3年生